オシャレで季節感のあるカレンダー!A.P.J. 2017年 和の歳時記カレンダーのレビュー

apj-wacalendar
オシャレで季節感があり存在感抜群な、A.P.J. 2017年 和の歳時記カレンダーのレビューです。このカレンダーの魅力をたっぷりとお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

A.P.J. 2017 和の歳時記カレンダーの詳細

A.P.J. 2017年カレンダーの外観

a-p-j-2017-calendar-3こちらがA.P.J. 2017年 和の歳時記カレンダーの外観になります。ちなみにA.P.J.というのはアートプリントジャパンという会社名の略です。

a-p-j-2017-calendar-5
今年は和がテーマになってるみたいです。

a-p-j-2017-calendar-9
アートプリントジャパンのカレンダーで特に気に入っているのが、絵が日付内にもあるところです。枠だけではなく、日付も含めて全体が絵の一部になっています。

a-p-j-2017-calendar-10
下には1年分の日付も見れるようになっていました。年間の休日などが確認しやすいので、便利ですね。

カレンダーを取り付けた様子

a-p-j-2017-calendar-11こちらが和の歳時記カレンダーを取り付けた様子です。結構大きいサイズなので、見やすいです。デジタル時計と並べて飾ってあります。

壁の穴を目立たせたくない場合

a-p-j-2017-calendar-15
もし、事情があって壁の穴を目立たせたくない場合は、以下のニンジャピンの記事をご覧になって下さい。見た目的にもシンプルで主張しないので、大変お勧めです。

穴の跡が目立たない押しピン!機能性とデザインを両立したニンジャピンのレビュー
壁に押しピンを刺すと跡が残りますが、その穴の跡が限りなく目立たないのが、このニンジャピンです。壁に穴を開けるのが躊躇される賃貸や新居の方には、特にお勧めです...

早めに買っても大丈夫

a-p-j-2017-calendar-16
今年は9月に買いました。早すぎると思う方もおられるかもしれませんが、上の写真のように重ねられるので、全然邪魔になりません。来年までスペースをとらずに保管できます。

私はアートプリントジャパンのカレンダーを毎年買っているのですが、Amazonの在庫は品切れになることが多いため、なるべく早めに購入した方が良いです。

上述した通りスペースには困らない上、ビニールに梱包されていますので、湿気なども極力避けられるかと思います。

A.P.J. 2017年カレンダーのレビュー

インテリアに最適

a-p-j-2017-calendar-12アートプリントジャパンのカレンダーの特徴は、なんといってもオシャレなところでしょう。写真を見て頂けるとわかるかと思いますが、大きいので抜群の存在感です。

写真ではなく絵なので、存在感がありつつも、どんな壁紙にも馴染みやすいところもポイントでしょう。素っ気無い壁紙にカラフルな差し色となって、大変オシャレです。

今年は”和”ですが、毎年テーマが変わるみたいです。私はかれこれ4年目の利用になりますが、名前もコロコロ変わるので、毎年探すのに一苦労していたりします(笑)

大きさと余白の感覚だけは変わらないので、たぶん同じものを買っているはずですが、シリーズではないのかもしれません。

文字が書き込みやすい

a-p-j-2017-calendar-6
日付の下には余白があり、予定を書き込むことが可能です。これも私のカレンダー選びの基準のひとつになっています。大安や仏滅などの六曜もちゃんと書いてありますね。

ちなみに、私は年の初めにWWE(アメリカのプロレス団体)のPPV開催日を1年分書き込むのが、恒例になっております(笑)

湿気でしなる

a-p-j-2017-calendar-13
素材が紙なので、やんわりとしなってきます。これは紙カレンダーの宿命ともいえるでしょうか。

しなりすぎて見えなくなるということはありませんが、毎年上の写真くらいはしなってます。

毎月変わる絵柄の楽しさ

a-p-j-2017-calendar-2アートプリントジャパンのカレンダーは、月によって絵柄が違うため、それぞれ雰囲気がガラッと変わります。

特に季節感が表現されていることが多いので、その月の絵柄を見ると「あぁ、もう夏かぁ」とか「もうクリスマスかぁ」と、実感することが出来ます。

例えばただの文字として「8月」を見るよりも、アイスやスイカなどの涼しい絵柄も一緒に見た方が、より感じ入りやすいです。

歳をとるとあっという間に時間が過ぎていきますが、そんな中、日付だけでなく雰囲気でも季節を知らせてくれるため、絵柄を見るたびに立ち止まる機会を与えてくれてます。

カレンダーにお金を出す

私は昔、カレンダーには全く興味がありませんでした。なので、いつも自動車メーカーなどからもらえるカレンダーを使っていました。

ただ興味がないといえど、デカデカとあるメーカーのロゴには、何か腑に落ちないものを感じていたのです。

やっぱりロゴはない方がいいなということで、お金を出して買うことにしました。その頃、部屋のインテリアなどにもこだわりはじめた時期なので、カレンダーもオシャレなものをと。

色々とお店を回ってみましたが中々良いものが見つからず、Amazonでも色々と探して見つけたのがアートプリントジャパンのカレンダーです。

カレンダーというのは無料でも手に入りますが、このレベルのものにはお金を出す価値があると思ってます。1年も付き合うのですから、こだわってみるのも良いのではないでしょうか。

まとめ

A.P.J. 2017年 和の歳時記カレンダーは、オシャレで季節感があり、インテリアとしてもお勧めです。予定を書き込めたり、六曜も表記されてあります。

私は今後もアートプリントジャパンのカレンダーを買っていく予定です。お部屋の場所や雰囲気に関わらず、どこにでも馴染むデザインだと思いますので、ぜひいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする